老化を感じさせるたるみの悩みは美容外科で解決できる

目元を見る女性

メスが必要な治療法

目の下のくまはたるみが原因の場合がありますが、そのたるみを取り除く治療法として、メスが必要な治療法が取り扱われています。
治療法には、ハムラー法、皮弁法、筋皮弁法の3つの治療法が取り扱われています。
ハムラー法は、目の下のくまに現れるたるみにへこみが目立つ場合に用いられる治療法です。
皮弁法は、目の下のしわが目立つ場合に用いられる治療法です。
筋皮弁法は、たるみが原因で目の下のくまができるだけでなく、眼輪筋のたるみによって現れる目の下のくまの改善に用いられる治療法です。
こういったように、たるみが原因で現れる目の下のくまには様々な種類があり、その種類によって治療法が変わっていくのです。
メスを使用したたるみを取り除く方法は、比較的症状が思い人にも効果的な治療法です。
たるみに症状に悩み始める40代から、たるみの症状が深くなる60代の人にかけて人気です。

目の下にあるたるみを切開で取り除く場合、下まつげの根本から1ミリほど下にラインを引き、切開していきます。
これは、筋肉や皮膚を引き上げ皮膚を引き締めることができる治療法です。
脂肪が付いている場合は脱脂を行なうこともあります。
切開手術は、皮膚を切開するためダウンタイムが長く、腫れやむくみが数日続くこともあります。
しかし、切開手術は原因を直接取り除くことができ、どんな症状でも短期間で改善を目指すことができる治療法です。
メスを使わない治療法、メスを使う治療法、それぞれにメリットがあるのです。

Copyright© 2015 老化を感じさせるたるみの悩みは美容外科で解決できるAll Rights Reserved.